安心できる入手場所の見分け方

サイト内の表示が日本語に対応している

日本でニコチンリキッドを手に入れる場合、主な方法として挙げられるのが海外の専門サイトで購入する、直接現地に行って購入といった方法です。とはいえ、直接現地に行くとなれば多額の交通費が掛かってしまうため、費用を抑えて購入を代行してくれる専門サイトの利用が最適と言えます。この専門サイトを利用する上で注意しなくてはいけないのが対応している言語です。日本のサイトとは異なり、海外のサイトではその国の言語でしか表示されない所も少なくありません。リキッドは決められたルールに従うことが法律で義務付けられているため、言葉がわからないまま手続きをしてしまうと気が付かないうちに間違った購入をしてしまうこともあります。そのため、必ず日本語に対応しているサイトを利用することが大切です。

安全性が管理されていることが確認できる

ニコチンリキッドは販売などの営利目的で薬機法によって認められていませんが、個人で利用する目的にに限り例外的に許可されています。そのため、輸入量や購入する頻度などのルールを必ず守ることが基本です。しかし、海外のサイトの中にはこうした日本の法律を考慮せずに販売を行っている所も少なくありません。これはリキッドに使用されている成分にも同じことが言えます。需要の増加に伴ってリキッドの種類は増え続けていますが、製造元や成分が不透明なリキッドを販売しているケースもあるので注意が必要です。例え煙でも体内に取り込む以上、安全な物を選ばなくてはいけません。代行販売を行っている海外のサイトで購入する時は安全管理が徹底されているかの確認も重要となります。

© Copyright Love Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.